取手の風景

取手アートプロジェクト

取手市・東京芸術大学・市民の三者共同事業
  • シーズ
  • プロジェクト紹介

ピックアッププロジェクト

藝大食堂アーツ・センター化計画

多様な主体の創造的活動を支える場として、「藝大食堂」をひらいていくプロジェクト。《半農半芸》をベースのコンセプトとしながら、食の拠点としてさまざまな人の「食べること、生きること」を元気に支えつつ、さまざまな立場・世代・価値観の人びとの好奇心により変容し育つプロジェクトが並走しています(「耕すプロジェクト」、「藝大ファクトリーラボ連携事業」ほか)。

コロナ禍により2020-2021年度前期は集客型の企画開催ではなく、継続的に顔の見える形で行う活動を重ねています。

プランドローイング
ヤギの世話をする人

これまでの取り組み

現代美術の公募展とオープンスタジオ(1999年〜2009年)

芸術祭型の事業として、全国から作品プランをあるテーマのもとに募集して選出し、秋の展覧会期にまちなかで発表する「現代美術の公募展」と、地元に制作・活動拠点を構える芸術家のアトリエ・スタジオを一般公開する「オープンスタジオ」を主要事業として毎年交互に開催してきました(初年度のみ同時開催)。「現代美術の公募展」は若手芸術家の登竜門の役割を果たし、オープンスタジオでは最大51件125組の作家が参加しました。

現代美術の公募展
船のインスタレーション
作品を滑り降りる子供たち

取手市内の団地を舞台に、日々営まれる生活のすぐ近くで、アーティストと住民が接触/共鳴しながら実験的な表現活動をおこなってきました。進んできた道も、年齢も、生活のかたちも異なる、さまざまな人びとが暮らす「団地」で、不特定多数に向けてではない、「ひとり対ひとり」のアートプロジェクトを並走。暮らしの中に表現の営みを育てることで、郊外都市だからこそ見出せる、これからの時代を生きる新しい価値観の可能性を探っています。

  • いこいーの+TAPPINO運営
  • とくいの銀行
  • サンセルフホテル
  • リカちゃんハウスちゃん
  • IN MY GARDEN ほか
とくいの銀行

10年かけて旅する活動としてスタートしたコアプログラム。自然の要素を表現の軸に据えたアーティストたちとともに衣食住の新しい経験を創る試みに取り組んでいます。
活動拠点「TAKASU HOUSE」や「藝大食堂」を中心に、農や伝統技術を支える地域の方々と、創作活動を行う表現者たちが体を動かして協働し、土地の革新的な可能性を開く活動を展開しています。

  • TAKASU HOUSE運営
  • 藝大食堂運営
  • アーティスト・イン・レジデンス「‰(パーミル)」/「%(パーセント)」
  • 自然素材からの絵具開発
  • 大空凧プロジェクト
  • ひだまりのひマルシェ
  • ブルーベリーの育成 ほか
半農半芸

あしたの郊外(2013年〜現在)

都市でも田舎でもない、双方の要素を併せ持つ「郊外都市」でこそ可能な、これからの創造的な生き方を、アートプロジェクトを通じて考えることが、TAPの現在の活動に通底するテーマです。

あしたの郊外ロゴ
あしたの郊外

プロジェクト紹介

担当教職員

日比野克彦
photo by Nozomu Toyoshima

取手アートプロジェクト実行委員長
東京藝術大学 美術学部長
日比野克彦

熊倉 純子

取手アートプロジェクト実施本部長
東京藝術大学 音楽学部音楽環境創造科 教授
大学院国際芸術創造研究科長 教授
熊倉 純子

佐藤時啓

取手アートプロジェクト実施副本部長
東京藝術大学
美術学部・大学院美術研究科 先端芸術表現科 教授
佐藤時啓

プロジェクト事務局/コアチーム

  • 特定非営利活動法人取手アートプロジェクトオフィス事務局(羽原康恵・五十殿彩子・髙木諒一・倉持美冴)

主催

  • 取手アートプロジェクト実行委員会(取手市、東京藝術大学、アート取手、取手市教育委員会、取手市商工会、財団法人取手市文化事業団、一般社団法人茨城南青年会議所、取手美術作家展、特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス)
  • 茨城県南芸術の門創造会議(茨城県、取手市、守谷市、取手アートプロジェクト実行委員会、アーカスプロジェクト実行委員会)
  • 特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス

郊外都市の創造性を探り続ける社会実験
取手アートプロジェクト

取手アートプロジェクト(TAP=Toride Art Project)は、1999年より市民と取手市、東京芸術大学の三者が共同でおこなっているアートプロジェクトです。芸術による文化都市を目指す取手のまちをフィールドとして、アーティストの活動支援と、市民の芸術体験・創造活動の仕組みづくりにより、芸術表現を通じた新しい価値観の創造を目指して活動しています。

まちなかをつかったフェスティバル型活動と通年型プログラムの実践を経て、郊外のまちならではのアートプロジェクトを模索してきたTAP。現在もふたたび転換期の真っ只中にあります。20周年を迎えた2019年度からは、複数年をかけて取り組んできたコアプログラム《アートのある団地》《半農半芸》を通じて育ててきた2つの拠点に加え、2017年に始動した「藝大食堂」を中核として、拠点をベースとした持続可能な活動体への移行期間に入りました。2019年からは駅直結の拠点「たいけん美じゅつ場」運営も担います。アートプロジェクトがより生活に近く、「常にそこにある」ことを目指す文化創造の場づくりに挑戦しています。

2019-2021年度は、TAP20周年・取手市制50周年・東京藝術大学取手校地30周年連携事業として、これからの20年・30年・50年後を考えるアートプロジェクトとして実施しています。

TAP概念図